現役トレーナが教える!筋トレの7つのデメリット【でもやるべきです】

先日、以下のようなツイートをしました。

【筋トレのデメリット】

①お金がかかる
②服が入らなくなる
③筋肉痛が毎日のようにある
④最初はめんどくさい
⑤疲れて眠くなる
⑥友達付き合いが減る
⑦怪我をするリスクがある

おおよそこんな感じで筋トレのデメリットを挙げました。

でも考え方を変えれば全て解決するので筋トレ最高ですね😶

筋トレ歴3年で現役トレーナーの僕が、筋トレのデメリットについて解説していきます。

【事実】筋トレにデメリットはあります

筋トレのデメリット

上記のツイートにもありますが、筋トレのデメリットは以下の7つです。

筋トレのデメリット
①お金がかかる
②服が入らなくなる
③筋肉痛が毎日のようにある
④最初はめんどくさい
⑤疲れて眠くなる
⑥友達付き合いが減る
⑦怪我をするリスクがある

これだけ見るとデメリットが多いように思いますが、考え方次第で全てのデメリットを解決することができます。

①お金がかかる

最も大きなデメリットが「お金がかかること」です。

これはどう足掻いても変わらない事実なので、どうすることもできません。

しかし、健康になれば仕事効率が上がりその分報酬が上がりますし、筋トレをすることで自信がつき人生が良い方向へ動き始めます。

今現在筋トレしていない

筋トレをする

自信がつき見た目が変わり仕事へ良い影響を及ぼす

仕事で成果が出て報酬がupする

単純ですが、こんな流れです。

よく「自己投資をした方が良い!」と言われていますが、セミナーや本を買うだけが自己投資ではなく、筋トレにお金をかけることも立派な自己投資です。

体は資本なので、鍛えておいて損はありません。

②服が入らなくなる

筋トレをして体が大きくなれば服が入らなくなります。

しかしこれは、言い換えると無駄な買い物をする機会が減り、その分お金た時間にゆとりができるということです。

ミニマリストにならなければいけないわけではないですが、たくさん服があっても使わなければ荷物になるだけですよ。

事実、僕は私服をほとんど持っておらず、生活の大半をスポーツウェアで過ごしています。

荷物が減ると選択の時間が減り、自分がやるべきことに時間を割けるのでメリットばかりです。

③筋肉痛が毎日のようにある

特に筋トレを初めたての頃は、ほぼ100%筋肉痛になります。

ただ、これは全く悪いことではなく、筋肉が成長しようとしている証です。
受験勉強でいうところの「伸び悩む時期」みたいなものですね。

僕は昨日も筋トレをしましたが、朝起きたらしっかりとお尻に痛みが現れていました。

最初は「しんどいな…」と思っていましたが、これも成長の証だと思っているので今は全く苦痛ではないですね。

④最初はめんどくさい

これは筋トレに限らない話ですが、最初はめんどくさいことだらけです。
ブログを書くことだって、受験勉強だって、仕事だって慣れるまではめんどくさいですよね。

このデメリットは、『習慣化するチャンス』だと思うことで解決します。

何事も3週間続ければ習慣になると言われています。(※諸説あり)

なので、まずは3週間継続することを目標に筋トレに励みましょう。

⑤疲れて眠くなる

筋トレをしたことがある人は分かると思いますが、トレーニング後にはかなりの疲労感が体を襲います。

筋トレで体が疲れる原因は様々あるのですが、主に

  • 夜に筋トレをしている
  • タンパク質の量が不足している
  • トレーニングをしすぎている

の3つが挙げられます。
それぞれの原因について軽く解説します。

原因①:夜に筋トレをしている

実は夜に筋トレをするのは良くありません。
なぜなら、夜にきつめの筋トレをすることでコルチゾールというホルモンが分泌されるからです。

このホルモンは通常、昼に分泌されるものであり、夜にコルチゾールが分泌されるとメラトニンと呼ばれるホルモンの分泌量が減ります。

メラトニンが正常に分泌されないと睡眠の質が下がるため、疲労につながってしまいます。

仕組みとしてはこんな感じでして、筋トレには良い睡眠も欠かせないので、できる限り筋トレは午前中にしましょう。

原因②:タンパク質の量が不足している

筋肉や骨、血管の細胞などはタンパク質から生成されています。

筋トレで傷ついた筋肉を修復するためにはタンパク質が必要であることは周知のことだと思いますが、タンパク質量が不足していると筋肉の回復が遅くなり疲労につながります。

なので、筋トレ後はもちろんのこと、筋トレをしない日にもしっかりとタンパク質を摂取するように心がけてください。

タンパク質を意識的に取り入れられないという方は、プロテインを活用すると良いですよ。

筋トレ後なら「ホエイプロテイン」、就寝前なら「カゼインプロテイン」、朝や日常生活では「ソイプロテイン」がオススメです。

筋トレを頑張る人はマイプロテインを飲むと良いですよ。
コスパが良いですし、色んな味があるので飽きません。

後、定期的にキャンペーンをしているので、その期間中に買えばかなりお得にプロテインを購入することができます。

原因③:トレーニングをしすぎている

まだトレーニングを始めていないあなたは、少しイメージしづらいかもしれませんが、トレーニングをしすぎると体に負担がかかり疲労につながります。

これはいわゆる「オーバートレーニング」というものです。

スポーツをしている人なら一度は聞いたことがある言葉ですが、これは筋トレにおいても同じことが言えます。

たくさんやろうとするのは良いですが、無理してやってオーバートレーニングになると、長い間トレーニングができなくなるので自分の体としっかり相談しましょう。

⑥友達付き合いが減る

これは②の服が入らなくなると少し似ていますが、友達付き合いが減ります。

筋トレにハマるとトレーニング最優先で生活するので、今までのような友達付き合いとは少し異なります。

またこれは人によりますが、筋トレにハマるとお酒を飲まなくなる人がいます。
その場合、余計友達付き合いは減っていきますよね。

筋トレとお酒の関係性については、【悲報】筋トレ後の飲酒がNGな件【デメリットばかりです。。。】で詳しく解説しています。

これも少し悲しいと思われるかもですが、無駄な付き合いは減らすべきです。

特に社会人なら、行かなくて良い飲み会などは全て断りましょう。
その方が自分の成長にフォーカスできるはずです。

⑦怪我をするリスクがある

最後は怪我のリスクについてです。

筋トレ初心者の場合、知識がないため無理な姿勢でやろうとして怪我をする人がたくさんいます。

ある程度、体の仕組みを理解して筋トレをしないと大きな怪我に繋がることもあるので注意しましょう。

今はYouTubeやネットが発達しているので、無料で質の高い情報がたくさん転がっているので安心ですね。

筋トレはデメリットもあるけど皆さんやるべきです

筋トレは全ての人がやるべき

筋トレのデメリットについて書いてきましたが、とは言え皆さん筋トレをするべきです。

筋トレは肯定感が上がる

僕が思う筋トレの1番のメリットは「自己肯定感の向上」です。

もともとガリガリだった僕も、筋トレをすることで割とたくましい体になり自己肯定感が上がりました。
言い換えると『自信がついた』という感じですね。

筋トレをしたことない人からすると「…?」だと思いますが、これは実際にやれば分かります。

筋トレをすると心も広くなる

筋トレと心の広さの関係性は明らかにはされていませんが、筋トレをしている人は心も広いように思います。
経営者に筋トレしている人が多いと言いますが、まさにこの心の広さが関係しているかなと。

筋トレをする前までは怒りぽかった性格の人が、筋トレをすることで和やかな性格になったという話は割とよく耳にします。

最近では、イライラしている人を見ると「この人筋トレしていないんだろうな…」なんて思ったりもします。笑

何より体は鍛えておいて損はない

何よりも体は鍛えておいて損はありません。

筋肉がつけば代謝が上がり痩せやすくもなりますし、異性からモテるかもしれません。

個人的には筋肉ゴリゴリの人は好きではないですが、それでも筋肉はある程度ある人の方が好印象です。
ちなみにこれは、男性だけでなく女性にも当てはまります。

この記事にたどり着いたあなたは、筋トレを始めようか悩んでいるところだと思いますが、筋トレはやっておいた方が良いですよ。

何かわからないことがあれば、TwitterのDMやリプで質問ください。

それでは、素敵な筋トレライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です