【重要】コロナ期間に太らないためにやるべき5つのこと【デブ解消です】

コロナ期間に太らないためにやるべきこと

こんにちは、ヘルス大学のとーです。

今回は「コロナ期間に太らないためにやるべき5つのこと」というテーマで解説していきます。

コロナ期間で自粛が続いているため、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが崩れている方も多いと思います。

本記事ではそんな方に向けて、コロナ期間に太らないためにやるべきことを5つご紹介します。

↓詳細はこちら!チャンネル登録もお願いします!

[center]
[/center]

(以下、ほぼ動画の文字起こしです)

ポイント①:水をたくさん飲む

コロナ期間①

まず1つ目は、「水をたくさん飲む」です。

これは結構芸能人とかでもやっている人がいると思うんですけども、実際に効果のある方法です。

というのも、人間の身体の60%は水なので、そりゃ必要ですよね。

水を飲むことでリラックス効果や疲労回復効果が得られ、疲れにくい身体を作る上でも水は重要な役割を担っています。

そして、「なぜ水を飲むとダイエットにつながるのか」ですが、実は水を飲むことで少しではありますが体が温まります。

これによって代謝が上がり、痩せやすい体になるというわけですね!

とー

また、水を飲むことで血液やリンパ液の循環が良くなるので、老廃物の排泄やむくみの解消にもつながります。

女性に多い悩みとしてむくみが挙げられますが、実はこれ水を飲まないことで起こっていることが多いんです。

体内に水分が少ない状態だと、水分を溜め込むようになります。

なので、むくみが気になるから水分をとらないというのは逆効果というわけですね。

目標としては、1日2リットルを設定しましょう!

とー

ポイント②:白米を玄米に変える

コロナ期間②

2つ目は、「白米を玄米に変える」です。

日本人が大好きな白米ですが、だからこそ体に良いものではありません。

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」という本にも書かれていましたが、白米は血糖値を上げるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞といった病気になるリスクも高めます。

これに対して玄米は、食物繊維を豊富に含み、肥満や動脈硬化のリスクを下げると言われています。

確かに白米は美味しいですし、食事の中心であることは僕も理解しています。

ですが、太るか太らないかでいうと、太ってしまうんです。
特にこのコロナで自粛して活動量が少ない期間はなおさら避けるべきです。

もちろん、いきなり0にするのは難しいと思います。

ここで登場するのが「玄米」です。

MEMO
アメリカで行われた研究によると、玄米の摂取量が1日40g増えるごとに、8年間後の体重が1.1kg減ることが分かっています。

炭水化物を摂っても痩せられるというのは、嬉しいですよね。

まずは、夜ご飯を玄米に変えることから始めてみてください!

とー

ポイント③:生活習慣を変えない

コロナ期間③

3つ目は、「生活習慣を変えない」です。

学校や仕事がなく、生活習慣がガラッと変わったという方が多いのではないでしょうか?

生活習慣の中でも特にやってはいけないのが、「夜更かし」です。

夜更かしは、百害あって一利なしと強い口調で言えるほど良くないことです。

とー

確かにYouTubeやAmazonプライムで好きな動画を見たい気持ちは分かります。

ですが、睡眠時間が短くなればなるほど、また睡眠の質が下がれば下がるほど、太りやすくなってしまうのも事実です。

コロンビア大学の研究では、平均7~9時間の睡眠時間をとっている人に比べ、睡眠時間が5時間の人は50%、4時間以下の人は73%も肥満率が高いという結果が出ています。

夜更かしすることで余計な食事が増え、それが肥満につながってしまうのです。

また、睡眠の質が悪いとホルモンバランスが崩れて日中の活動にも影響を及ぼします。

余計な食事が増えたり、ストレスが溜まりやすくなるので、睡眠の質にも目を向ける必要があります。

いつもより少し遅く寝る程度なら良いですが、なるべく12時前には寝るようにし、また起きる時間に関しても、誤差をいつも起きる時間の1時間以内におさめるようにしましょう。

ポイント④:運動をする

コロナ期間④

4つ目は、「運動をする」です。

「運動するって言ってもできないのでは?」と言われるかもしれませんが、そんなことはありません。
家でも出来ることはたくさんあります。

スクワットや腹筋はもちろんのこと、ダンスエクササイズなどの有酸素運動系もできます。

普段ならYouTubeのエクササイズ動画をオススメはしませんが、この時期なのでやらないよりはやった方が良いですね!

とー

個人的にこの人良いなと思うのは、「オガトレ」さんです。

理学療法士ということもあり説明が超丁寧で分かりやすく、またエンタメ要素もあって楽しく運動できます。

ストレッチ系YouTuberですが、シンプルにきついトレーニング動画がたくさんあるので、ぜひやってみてください。

ポイント⑤:お菓子を選ぶ

コロナ期間⑤

最後5つ目は、「お菓子を選ぶ」です。

家にいる時間が長いので、どうしてもお菓子を買ってしまうと思います。

これ自体を強制するのは厳しすぎるので、だったらお菓子を選ぶようにしましょう!

とー

以下のお菓子は太りやすいのでNGです。

NGなお菓子
・ポテトチップス
・クッキー
・ケーキ
・菓子パン
・グミ

これらの代わりに以下のお菓子を選びましょう。

オススメのお菓子
・ナッツ類
・カカオ70%以上のチョコレート
・サラダチキン
・チーズ
・ガム

中でも糖質が少なく、タンパク質が多いお菓子だと最高です。
この中でいうと、サラダチキンチーズがこれにあたります。

ですが、チーズは脂質や塩分が多く含まれているので、6個入りのチーズであれば1~2個といった風に少量でとどめましょう。

まとめ

コロナ期間 まとめ

コロナ期間中に太らないためにやるべきことは以下の5つです。

①水をたくさん飲む
②白米を玄米に変える
③生活習慣を変えない
④運動をする
⑤お菓子を選ぶ

全部やったら太ることはまずないので、まずは取り組めそうなものから取り組んでみてください。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です